【騙されてない?】私は保険会社やFPの保険代理店が大嫌い。信用できない理由は3つ。

「保険の窓口」「保険見直し本舗」「保険クリニック」のような色々な保険代理店がかなり増えてきました。イオンや大型のスーパーの中にまで進出し、いまやどこにでもある印象です。私はこの保険代理店が大嫌いで信用していません。その理由について書きたいと思います。

保険の代理店は、コマーシャルもTVや広告に多くでていて、お金が多くかかるコマーシャルことからも、かなり儲かっていることが分かります。「年間数十億円をCMにかけれる」=>「儲かっている」 =>「 契約した各種保険から販売手数料がいっぱい得ている」ことになります。

保険代理店は商売繁盛しているのはいいですが、保険についてあまり知らない人を食い物にしていることが多いのも保険代理店です。保険代理店だけでなく、保険の評論家も保険自体を驚嘆なコメントで興味を引いて、稼いでいる後田亨という人もいます。世の中、保険を食い物にしている人が多すぎです。

目次

保険代理店へ相談して満足していますか?勘違いかもしれません。

保険代理店やFPに相談した周りの人に聞いたたときに満足感あったと答える人が多いです。本人が納得しているなら問題ないでしょうが、保険代理店に騙されている可能性があるので注意が必要です。

保険代理店でFPの方に保険の相談を行った私の友人は以下の感想を話していました。

  1. すごい親切にライフプランを考えてくれた。
  2. まだ生まれていないけど、子供が文系・理系か私立か国立かも考慮に入れて細かくプランニングしてくれる。
  3. ファイナンシャルプランナー(FP)の資格をもった人で安心感がある。

これらの感想を友人から聞いていると、実はいい印象どころか私は真逆の不快な印象を持ってしまいます。友人はお人好しで、あまり保険には疎いから騙されてしまったんだなと感じました。

それでは、なぜ、私が友達と違い、保険窓口に対して真逆に思っているか理由を書いていきます。

嫌いな理由1.「すごい親切にライフプランを考えてくれた」

生命保険は家の次に高い買い物と言われます。「保険の商品は人生で2番目に大きな買い物」とよく言われます。

保険に関していえば、毎月、保険料を分割で払っているからあまり高い買い物をしている感じはありませんが、毎月それなりの保険料を数十年も払うのであれば、大きな金額になるのも間違いではありません。

人生で2番目に大きな買い物というくらいなため、生命保険、医療保険ですから当然1つ契約を結ぶだけでも、保険の代理店には大きな収入が入っています。

保険を1つ契約すると、どのくらい保険の代理店に利益が入ってくるのでしょうか。一般的な保険料は次のような販売手数料が入ってくると言われています。

保険代理店やFPが貰えるお金を参考までに公開します

以下は保険の代理店が保険の契約をしたあとに貰える保険料の金額です。これはある保険商品の1つの例です。人生で2番目に大きな買い物と言われる保険は5年間で123%の中間マージを保険代理店はもらえることになっています。これだけの金額も貰うなら当然、それは親切にプランニングしてくれますね。

  • 1年目 保険料の63%
  • 2年目 保険料の15%
  • 3年目 保険料の15%
  • 4年目 保険料の15%
  • 5年目 保険料の15%

この販売手数料は保険会社の販売商品により販売手数料が異なります。保険代理店は、あたかも複数の保険会社を取り扱って中立性をアピールしているかもしれません。でも本当は販売手数料が高い保険商品を優先して売るケースが多いですので注意が必要です。私が相談したときも、やけに偏った保険商品をおすすめしてきました。

保険代理店が、年間数十億円するCMに経費を計上しいること、死亡や医療で給付したりしていても、会社として成り立っています。これは保険商品の原価は本当はかなり安く、手数料ばかりとられているからです。それは真剣に相談にのってくれるはずです。

嫌いな理由2.「人生の設計を細かく聞いて色々シミュレーションしてくれる」

私は、保険で大事なのは、「万が一が発生した場合に家族が生活ができなくなってしまう等の最大のリスクのために加入する」ことだと思っています。

最近の保険の販売代理人は、まだ子供が生まれていないのに「子供は何人予定か?」「文系か理系か?」「国立か私立か?」こういう内容を聞いて、あたかも、詳しく色々なシミュレーションをしてもっともらしいことを説明してくれます。

これについて、将来を予測しプランニングする大事であり、子供何人かということを予測することを否定はしません。ただし、これらをシミュレーションすることで大事なのは、「もし子供が2人で全部私立で理系だった場合には教育費が最大で4,000万円はかかります。この最大のリスクがあった場合にはこのような商品を備えておいたほうが良い」と考えるのは大事です。

ただ、未来のことを細かくシミュレーションした感じを出して、お客の心を取り込むケースが多いようです。意味のないことで、やった感じを出すのが私は非常に嫌いです。まだ、生まれてきてない子供が私立か理系か確認する必要はありません。

嫌いな理由3.「ファイナンシャルプランナーの資格で安心感」

ファイナンシャルプランナーという資格は聞こえがいいですね。

特に保険の代理店の方は皆さんもっている資格です。資格自体取得することは非常に大事ですが、この資格は取得しやすいイージーな資格です。合格を目指しやすい国家試験とも言われています

「ファイナンシャルプランナー通信講座」を利用された方の、2014年5月実施試験の合格率は91.86%です。合格率高すぎる資格です。

特に気になるのが、保険の販売、税金、不動産から人生に関わる様々な資格のテスト範囲について、実務経験がない方でもファイナンシャルプランナーの資格は丸暗記で取れてしまいます。簡単な暗記教科の資格なので、実務経験と組み合わさっているか私は資格だけでは判断できないと思います。

私もが直接、保険の代理店で保険の相談をしてきました。

私はガン保険を手厚くする予定のため、保険に追加で加入する予定でした。過去にFPに何度か相談したことありますが、7年も前で保険の知識があまりなかった頃なので、今回久しぶりにFPの相談を受けてきました。

私が思っているよりも素晴らしい仕事で本当は頼りになるアドバイザーなのかもしれません。はたまた、お金が目的なのかもしれません。真実を見るべく来月、相談の予約をしましたので、結果は以下のとおりとなります。

目次
閉じる