【重要】元日本生命の部長に聞いた驚きの大手生命保険会社の保険には入るなという警告。

元日本生命の部長に生命保険や医療保険についての相談をしてきました。

日本生命といえば明治安田生命、第一生命、住友生命と並び、日本の老舗の保険会社です。

保険会社の売り上げも今現在、上位に君臨する保険会社です。

私がお会いしたこの方は、日本生命の部長にまで上り詰めた人で、現在は独立されてFPとして生命保険の販売をされています。

目次

なぜ、部長まで上り詰めた人が保険会社をやめたのか。

s_image249

なぜ、部長にまでなったのに保険会社をやめたのか。聞いてみました。

当然、色々な理由があるとは思いますが、大きな理由の一つに大手の会社から販売される生命保険をおススメできないからとのことでした。

大手の生命保険会社では最善の保険が提供できないと思ったからだそうです。

それでは、元日本生命の部長に言われた大手の生命保険会社がなぜおススメできないかを書いていきます。

元日本生命の部長曰く、漢字系の生命保険会社には気を付けろ

元日本生命の部長から、まずは漢字系の生命保険会社は気をつけなさいと言われました。

漢字系の生命保険会社とは何でしょう?

生命保険の会社はよく、漢字系、カタカナ系、ひらがな系の3つに分類されます。それぞれ、特徴が違いそれぞれの分類ごとに紹介します。

漢字系の生命保険会社とは

s_image282

漢字系」は日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命、三井生命、太陽生命、富国生命、大同生命、朝日生命といった、昔からある伝統的な日本の大手の生命保険会社のことです。

全体の46.9%のシェアを誇ります。

最近では医療保険だけ別売りでという販売形態もありますが、FP相談や保険ショップでは基本的に取り扱いをされない保険となります。

きっかけは、私の場合もそうでしたが、昔からで親が入っていた理由により漢字系の保険会社に加入している場合が多いそうです。

カタカナ系の生命保険会社とは

カタカナ系」はアリコ、アフラック、オリックス、メットライフといった外資系の会社が多く、時期的にはバブル以降に日本に参入してきた生命保険会社のことです。

私が良く読む雑誌、「ダイヤモンド」「PRESIDENT」等で保険の特集があると、FP(保険のプロ)がおススメする保険会社の上位を占める保険が多くあるのもカタカナ系の保険会社です。

生命保険、医療保険の選択肢が多く、毎月の保険料も安いため最近は人気がとてもある保険商品となります。

ひらがな系の生命保険会社とは

s_image284

ひらがな系」は日本興亜ひまわり生命保険、東京海上日動あんしん生命、三井住友海上あいおい生命保険等であり、元々は損害保険会社を母体としています。

損保を母体とすることから、保険会社の安全性を表すソルベンシーマージン比率が高い特徴があります。

元日本生命の部長も言われていましたが、特に東京海上日動あんしん生命は資本金の余力が非常に高く、この資本金を活かした給付型の保険等は他の保険会社では真似できない給付金が出されます。

なぜ漢字系の保険会社はおススメできないか2点教えます

それでは、漢字系の生命保険会社がなぜおススメできないか。以下の理由で、日本生命の元部長は自分の会社の保険がおススメできないため退職され、独立しました。

1点目:定期的に保険料が高くなる

元日本生命保険会社の部長曰く、漢字系の保険会社に5年10年以前から加入している場合には注意が必要です。

国内生命保険会社は定期特約付終身保険(終身保険に定期保険を特約として上乗せした商品。)が多くあります。

この種の保険商品の場合には10年ごとに見直しされたときに、保険料が跳ね上がります。

30代で毎月の保険料が15,000円だとしたら40代では倍の30,000円、50代では50,000円になったりします。


結局は、50代になって保険料が高くなった人はどうするか?

保険料が払えなくなり、仕方なく保険を50代で解約されるそうです。

50代といえば、住宅ローンや子供の学費で家計が圧迫される場合が多く、泣く泣く保険を解約しないといけなります

2点目:保険の見直しをするタイミングで転換せざるをえない

保険の内容は保障内容が時代のニーズに合わせて変化します。

また、保険加入者のライフプランも変化し、これらに対応した保障内容に変更するタイミングが必要な場合がでてきます。

ライブドアのニュースで非常に分かりやすい転換のケースが載っていました

内容は充実するのに。保険料は今までと変わらないといった言葉に騙されてはいけません。

生保会社の資産運用が販売した保険の予定金利を大きく下回る”逆ザヤ”状態となったため、持ち出しを避けたい生保会社は「保険の見直し」というかたちで生命保険の「転換」を促そうとする。

「『転換』で損をさせられた多くの人から相談を寄せられますが、『転換』で次の保険が良い保険になったのは、ただの1件もありませんでした。ひどい場合は、20数年間に『転換』を3~4回も繰り返させられ、その間に合計で1800万円以上も保険料を支払ったのに、保険料を支払い終わった時点で残った保障はたったの100万円になってしまった人も大勢いるのです」

参考: 生命保険会社は「漢字系」に気をつけろ? 理由を解説

上記の2つの理由から全くおススメできないそうです

上記の2つの理由から全くおススメできないそうです。

生命保険が万が一の場合に備えれない、年々保険料が家計の負担になる理由がとてもおススメできないと言われていました。

これらの理由で保険をかけている人が不利になることがどうしても嫌で独立されたそうです。

目次
閉じる