平成27年の7月に四国一周旅行に行ってきて、今まで47都道府県で唯一ドライブや旅行したことがなかった愛媛県に行き全ての都道府県をドライブして制覇しました。

海外に行かなくても日本には、とても素晴らしい観光場所が多く存在します。

特に日本三大〇〇が名前に付く場所には以下のような場所があります。いくつ行ったことありますか?私は昨年六甲山に行って全部制しました

  • 日本三景(松島、天橋立、宮島厳島)
  • 日本三大夜景(函館山、長崎稲佐山、六甲山)
  • 日本三名園(金沢兼六園、岡山後楽園、水戸偕楽園)
  • 日本三名爆(那智の滝、華厳の滝、茨城の袋田の滝)
  • 日本三大歓楽街(福岡中洲、新宿歌舞伎町、札幌すすきの)
  • 日本三大中華街(長崎、横浜中華街、神戸南京町)
//スポンサードリンク

今年は九州へ旅行に行くチャンスです

s_image406
平成28年の今年の夏は、広島、山口、大分、福岡、長崎に旅行に行ってきます。

まだまだ、見たことがない場所がいっぱいあります。とくに、今年は九州に行くのであれば「ふっこう割」があるので、いままで中々行けなかった東日本の方も行くチャンスです

関連:今年の夏休みは旅行代金が割安になる「ふっこう割」を使って九州旅行に

私がもう1度行きたい感動した絶景スポットを10選びました

今まで旅行やドライブで行った場所の中でとても感動的だった場所を順位付けしてみました。

この選んだ10の中には建物や施設やテーマパーク(ディズニーやUSJ等)やイベント(花火等)を含んでいません。ただ、単純に自然や景色の感動した素晴らしい場所を選びました。

1番多く旅行に行ったことがある東日本が北海道を除くと1つもランクインしませんでした。(東日本もいい観光場所が多くあります)

第10位 角島大橋(山口県)

s_image405

第10位は山口県の下関市にある角島大橋です。この角島大橋は2000年に開通した山口県を代表とするスポットでCMでもよく使われます。

とにかく、エメラルドグリーンの海と本州から島に伸びる道路が絶景です。死ぬまでに1度は行きたい場所とも呼ばれ、日本海とは思えないきれいな海に息をのみます。

第9位 神戸の夜景(兵庫県)

s_image396

第9位は神戸の夜景です。日本3大夜景のひとつである神戸の夜景の美しさは、1000万ドルの夜景とも言われています。麻耶山か六甲山のどちらかからも見ることができますが、麻耶山からがおすすめです。

ポートアイランド神戸の夜景を大パノラマで見ることができ、私は日本3大夜景の中で1番感動します。神戸からは車で1時間もあれば目的地に着きます。

第8位 霧の摩周湖(北海道)

s_image397

第8位は深い霧がでることで有名な北海道の摩周湖。

私はいままで摩周湖に4度行ったことがありますが1勝3敗で、3回は霧がでて何も見えませんでした。1回経験できた霧のない摩周湖は神秘的です

世界第2の透明度を誇り、またアイヌの言い伝えられた摩周湖の伝説があったり歴史を感じます。

夏は晴れる日の摩周湖の確率は低いですが、晴れた日の紺碧の美しい水の色と青い空のコンストラストは感動すること間違いありません。

第7位 天橋立(京都)

s_image398

第7位は股から覗くと天に架かる橋のように見える「天橋立」。日本三景の1つに数えられ、日本を代表する名勝として広く知られています。

私は日本三景の中でも1番好きな場所で今まででに4回訪れました。展望台に行くと感極まって泣く人も見かける絶景スポットです。人工ではなく自然が作り出すと思うと驚きの光景です。

第6位 小豆島(香川県)

s_image399

小豆島は香川県にあり、香川県、兵庫県どちらからでも船で行くことができます。島に行くと、島中オリーブの木でいっぱいで、西洋風の建物もあることから地中海にいる雰囲気と言われます。

穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島々を見ながらの夕日は絶景です。写真はエンジェルロードで、1日のうち何時間かおきに島に満ち引きで大きな道が浮かんできます。

関連:車で四国一周旅行2日目は神秘的な小豆島エンジェルロードから金比羅さまへ。

第5位 青い池(北海道)

s_image404

第5位の「青い池」は北海道の美瑛にある観光名所です。

美瑛や富良野はCMで見かけるような景色が有名ですが美瑛にある青い池がおススメです。この青い池は昔は立ち入り禁止でしたが、いまは公開され雑誌やCMで取り上げられ今や一躍有名な場所になりました。

独特の青いコバルトブルーの池はとても神秘的です。見る角度や天候によって、全然違う風景に見えます。近くに大きな駐車場があったので子連れでも安心していける場所です。

第4位 四万十川(高知県)

s_image400

高知県を流れる四万十川は「日本最後の清流」と呼ばれ、この幅の規模の川にも関わらずダムがないため水が透き通っています。

高知県の西部にあり途中から一般道で行く必要があり、全長196KMもある川ですが、なかなか行きづらい場所です。この四万十川は、周りで行った人はすべて大絶賛の場所で、高評価な理由も行けば分かります。

私は少なくとももう1度ここにきて、のんびりすることを目標にしています。

第3位 古宇利大橋(沖縄)

s_image401

沖縄の食事は合わない人が多いと言いますが、沖縄のドライブは最高です。綺麗な海と長い橋をドライブすると青い海に吸い込まれそうな魅力あります。

沖縄に行ったら、レンタカーを借りてのドライブがおすすめです。

まるで海の上を走っているような壮大なスケールのドライブにはしびれます。本州では見慣れない植物とコバルトブルーの海を見ながらのドライブは絶対おススメです。

第2位 屋久島(鹿児島県)

s_image402

第2位は鹿児島県にある屋久島です。なかなかまとまった休みがないと行く機会がない屋久島。私は新潟から鹿児島まで車で行って、そこからフェリーで種子島と屋久島に行きました。

自然が大好きな人にはたまらない場所で、全てが美しく感じます。屋久島はいろいろな景色を見ただけで涙がでる感動の場所と呼ばれます。

特に屋久杉は樹齢4000年以上で縄文時代から生きていて圧倒的なスケールです。

自然や山が好きな人には絶対おススメの場所です。

第1位 知床・羅臼(北海道)

s_image403

第1位は知床・羅臼です。知床・羅臼は最初に行ってからあまりの感動にそれから4回来ました。

同じ北海道といっても知床までは札幌からはかなりの距離があり、ここに行くにはまとまった時間が必要です。お金を出せば近くの女満別空港まで移動することができます。

ここは日本の全く手つかずの自然を見ることができ、少しドライブするだけで野生の鹿やタヌキやキツネを見ることができます。

遠く北方領土が見えるオホーツク海でとれる絶品の魚。大自然とはこのことは言うんだなと思う世界遺産の知床。何度でも行きたくなります。

スポンサードリンク