世の中でも加齢臭という言葉が定着し、中高年のおっさんが放つ強烈な嫌な臭いを「加齢臭」と呼んだりします。特に夏になり汗ばむ季節になると、ますます40代の中高年の方は気になりますね。

私も40代のおっさんになり、特に昔と比べてみても、体臭が気になるようになってきました。年を重ねてくると、どんどん、臭いが増してきます。

以前までは、加齢臭なんて会話で使うと「カレーの匂い」と勘違いされましたが、「加齢臭」の認知度も高まり一般的な言葉として使われるようになりました。「加齢臭」という言葉自体も嫌ですが「おやじ臭」なんて言われるのも嫌ですね。

この加齢臭、40歳代以降からの男性の嫌な臭いを指す場合が多いですが、女性も40歳代から急増すると言われています。加齢臭は40歳代の男性のことを専用に指すわけではなく、年齢や性別や中高年というのは関係ありません。

//スポンサードリンク

加齢臭の原因について?

s_image368
加齢臭の原因はノネナールという物質が原因です。男性のほうが特に臭いとされるのは、男性ホルモンの分泌量が女性より多いためとなります。女性でも人によっては加齢臭が強い人もいます。ノネナールは、油臭くて青臭いような匂いを発生します。

ただ、最近は若い女性でもストレスや食生活の乱れにより、ホルモンバランスが崩れることで加齢臭になりやすい傾向にあります。

以下は、加齢臭に関するWikipediaの記事です。

加齢臭は男性のみの症状との誤解も多いが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究のために発見された物質の一つである。 男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られる。 加齢とともに増加しノネナール発生の原因となる物質の一つは、9-ヘキサデセン酸である。

引用:加齢臭 – Wikipedia

効果が抜群な加齢臭の対策方法の3つを教えます

s_image369

まだ、それほど酷く自分が加齢臭であるとは思っていない私ですが、ハゲはハゲ始めてからでは遅いのと同じように、得てしてこういうものは加齢臭の対策を早めに行っていく必要があります。

調べてみると加齢臭の対策については大きくは以下のような方法があります。

  1. 食生活を改善する
  2. 石鹸系のシャンプーやボディソープで洗う
  3. タモリ式入浴方法で洗う

加齢臭の改善その1 食生活を改善する


加齢臭の原因の1つは、生活習慣病によります。生活習慣病となると加齢臭だけでなく、七大生活習慣病と呼ばれる恐ろしい以下の病気の発症リスクが高まるとされていますので気を付けていきたいですね。

加齢臭だけでなく生活習慣病が高まると以下のようなリスクが高まります。加齢臭が酷い人は、以下のリスクも併せて高いといえます。

  • がん
  • 心疾患(急性心筋梗塞)
  • 脳血管疾患(脳卒中)
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全

タバコをやめて、野菜も十分にとり、適度に運動することが必要です。私の会社の社員でもここ1年で2人が心筋梗塞により倒れました。2人に共通して言えることは、生活の不摂生とタバコや塩分のとりすぎです。

例えば、生活習慣病の一つの数値、コレステロールについても、昔は卵は1個まで魚卵もやめましょうと言われてました。最近の研究では食事制限しても意味がなく、運動が必要と昔からの常識が考え方が変わっており、健康法についても最新の情報を入手していく必要があります。

私も以前は加齢臭が気になりましたが、以下のことを気を付けることで加齢臭は完全になくなりました。

  • 生玉ねぎを酢につけたものを食べる
  • 新生姜を酢につけたものを食べる

これらを毎日食べることで、血圧だけでなくコレステロールや中性脂肪まで、以前と比べて正常値になりました。これらが改善されることで、自ずと加齢臭もなくなってきました。

ベトベトしたような汗や脇の下からの強烈な匂いが、改善されました。1か月食べ続けただけなのに、すぐに効果がでたのは驚きです。

加齢臭の改善その2 加齢臭には石鹸で体をゴシゴシ洗わない

加齢臭改善の大前提は生活習慣の見直しですが、週刊SPAの記事で気になる情報を見つけました。

タモリ式入浴方法」が特に加齢臭には良いとされています。

臭いが発生する場所をゴシゴシ洗うのは、かえって加齢臭が厳しくなります。摩擦で必要な油分まで落としてしまい、余計に皮脂が分泌されるからです。

洗顔で言うと、正しい洗顔については洗顔料を泡立てて、汚れを泡で浮かび上がらせて落とすもの。洗顔の王道は洗顔料を泡立ててやさしく撫でるように落とすことです。

加齢臭の改善その3 タモリ式入浴方法で改善できる

洗顔と同じく、体についてもゴシゴシ洗わないのが臭いを効果的に抑えると言われています。

タモリさんが笑っていいともの増刊号で言われた「湯船に10分以上浸り、撫でるように軽く体を擦る。シャンプーや石鹸は使わない」発言が今も注目されています。

洗わないでお風呂に入るのは不潔な感じがしますが、肌艶や乾燥肌や体臭に非常に大きな効果があるそうです。

耳の裏や、わきの下、足の指の汚れは、石鹸の泡で軽く洗い、ゴシゴシ洗わないのが、加齢臭の対策になるとのことです

スポンサードリンク