MENU

車購入時の残価クレジットはお得?メリットとデメリットについて。

車購入時に各ディラー(トヨタ、ホンダ、日産等)が用意する残価クレジット(略して 残クレ)について、店員さんからおすすめされますが、本当にお得なのででしょうか

残価クレジットとは3年後~5年後の下取り価格を車に対して設定して、初期費用では車両の価格から下取り価格を差し引いた金額を車購入時に払えばいい仕組み。

新車の購入時の初期費用が大きく抑えられるのが魅力的です。やはり新車はいいですね。

3年後~5年後に自分で設定した下取り価格で車を購入してもいいため、選択肢は色々とあります。

下取り価格の保障は特に大きな事故や設定された距離数を下回っている条件があります。

目次

数年後の下取り価格も保証され残価クレジットは良い仕組み!?

残りは頭金で払うこともでき、購入時の初期費用を抑えられ、数年後の下取り価格も保障される。

数年後に下取り価格を査定した金額が上回った場合には残りの金額が返ってきます。

数年に1度は新車を購入し乗りたいたい人には初期費用が抑えられる点では一見良さそうな仕組みです。

金利がより多くかかるため新車で買うより余計に払う必要がある

s_image192

この仕組みには最低支払額があり、月数千円でもクレジットを組む必要があります。

各社、金利が3.5%程度なのでこのローンに対して金利が発生する仕組みとなります。

さらに注意をしなければいけないのが残価に対しても金利がかかってきます。

300万円の車で100万円を仮に残価に設定した場合に100万円に対して3.5%なので5年なら18万円近く多く支払うことになります

各ディラーのHPではこれらの金額が計算できますので、試算してみてください。

残価に対しても金利が発生するのであれば、銀行の車のマイカーローンで1%~2%で借りたほうが得策な気がします。

残価クレジットのメリット

  • 初期費用を抑えることができる
  • 将来の下取り価格が保障される
  • 当初の下取り価格を上回った場合にはお金が還元される
  • 数年単位で新車購入のサイクルが作れる

数年に1度新車が乗れるのはこの残クレの大きなメリットです。丁寧に乗って、車の下取り価格が良ければ気持ちよく次も新車に乗れます。

残価クレジットのデメリット

  • 車を丁寧に乗り、決められた距離数がある
  • 金利が高い。残価に対しても金利が発生
  • 割と充実した車両保険にも加入しておきたい

現金一括が一番いいと思いますが、銀行のマイカーローンやリースのほうが安くなるので、トータルで一番良い選択を。

私は最初に設定した距離数や傷や凹みを毎回気にしながら車に乗りたくないので、私なら新車か新古車を選びます。

残価クレジットは車のディーラーだけでなく、クレジットカード会社にも金利を払う勿体ない支払い方です。

新車の見積もりを家でできる

直接家にいながら新車の見積もりを代行してくれます。

まずは簡単に見積もりから。


back number
ブログ歴15年
雑記ブログを書いてます。
・新潟大好き
・コストコ歴10年
・ブログ歴15年

問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
目次