ETCを利用すれば高速料金が休日であれば、いくら乗っても1日の上限が1,000円や2,000円の時代がありました。

この制度によりGWはとにかく大渋滞しましたが、旅行が大好きで遠出する人にとってみれば、大変魅力的な制度でした。

その後、ETC料金については、度重なる改悪を続けて2014年4月からはETC自体の割引が大幅に縮小をされ、今に至っています。

私は色々なところに旅行するときは車が中心なため、以前のETCの割引の料金体系を知っていると高速道路をを利用する料金の値上がりは厳しいと感じてしまいます。

2014年からは割引率が本当に低くなったため、高速道路の移動距離が長くなってしまうと高速料金がバカになりません。

以前まではETCの100kmまでの通勤割引がありました。ETCカードを2枚持ちにすることで、100Km手前でカード切り替えることで安くするお得技もありました。

今はETCの割引に関するお得な技もほとんど見つかりません。そんな中でも高速料金を安く利用できる方法について書いていきたいと思います。

//スポンサードリンク

2014年4月をもってETC割引に関する大きな改悪がありました


2014年4月以降は以下のように大きなETC割引の縮小及びETCマイレージについて減額となりました。

通勤時間帯の割引がなくなった上に、休日の5割引が3割引に縮小されたのはとても厳しいです。

  • 平日
    0~4時  5割引 ⇒  3割引へ縮小
    4~6時  3割引 ⇒  0割引へ縮小
    6~9時  5割引 ⇒  0割引へ縮小
    9~17時  3割引 ⇒  0割引へ縮小
    17~20時 5割引 ⇒  0割引へ縮小
    20~24時 3割引 ⇒  0割引へ縮小
    ※月に5~9回高速道路を利用した車は3割引 10回以上であれば5割引となります。(1回の利用が100キロ未満)
  • 休日 5割引  ⇒  3割引

ETCマイレージも還元が縮小されてます


現在のマイレージのポイントは10円で1ポイント換算なので、最大でETC50,000円の利用で5,000円還元となります

以前に比べるとかなりの縮小ですがマイレージに登録するだけで年会費や特別面倒な手続きもまりません。高速利用料金が還元されるマイレージは必ず登録するのは絶対必須です。

以下、以前からの変更点です。

  • 1万円分利用で500円分還元、3万円分利用で2500円分還元レートは以前と変わりません。
  • 5万円分利用で8,000円分還元が5,000円分還元に縮小されました。

ETCマイレージは損することなく得することしかないので必ず登録しましょう


ETCマイレージサービスは、高速道路等の通行料金の支払い額に応じてポイントが貯まり、ポイントがたまるとポイントに応じて無料通行分として高速利用料金が還元されます。

ETCマイレージサービスへの登録は無料なので、ETCを搭載し利用するのであれば、得することがあっても損することは何一つないサービスなので登録は必ずしましょう。

ETCマイレージサービスへの登録方法は以下のとおりです。非常に簡単にできます。

手続き1:ETCマイレージサービスへ申し込む

インターネットまたは郵送でETCマイレージに登録できます。登録時に、車載器管理番号、車両番号、ETCカード番号が必要となります。

インターネットでの登録はこちらから
郵送の申込み用紙はSA・PA、主なセットアップ店に置いております。

手続き2:マイレージ登録のお知らせが届きます。

マイレージIDとパスワードが届きますのでこれでマイレージサービス開始となります

私が高速料金を安くするために見ている情報

ETCの割引で私が唯一期待していて、旅行に出かけるときにチェックしているのが、定期的に発表されるETC利用の乗り放題や周遊プランです

地域は限定されていますが、東北周遊や四国周遊や定期的にあるこのプランが旅行と当てはまれば、かなり安く高速料金を利用できます。

高速道路を利用し遠方まで旅行する機会があればぜひチェックしてみてください。登録は前日まで行えば良いため簡単にできます

★★下記のETC総合情報ポータルサイトは地域ごとにまとめられているので便利です★★
引用:お得なETC割引プラン

スポンサードリンク