ガンに罹患した場合の治療方法には様々な選択肢があります

従来からある治療方法の三大療法として「放射線治療」「抗がん剤」「手術」があります。

近年では医療技術が進化し、免疫療法をはじめとして、さまざまな効果のある新しい治療法がでてきています。

三大療法の「放射線治療」に近いですが、より精度が高く、体への負担が少ないとされる治療方法として、「陽子線治療」「重粒子線治療」があります。

放射線治療は精度の高い照射方法が開発されてきていますが、究極の方法のひとつが陽子線治療です。

体にメスを入れることなく、がん病巣を狙い撃ちして周囲の正常組織への副作用を最小限にできます。がんの種類にもよりますが通院で日常生活を続けながらがんを治療することもできます。

引用:南東北がん陽子線治療センターホームページより

平成28年に私の母親が肝臓ガンになり、福島の郡山にある南東北がん陽子線治療センターで、陽子線治療を開始しました。

その結果と私が感じたことを記事にしたいと思います。

//スポンサードリンク

陽子線治療は先進医療なため高額負担。陽子線治療開始は早くできます。


陽子線治療は先進医療となるため保険適用外となり治療費が高額となります

陽子線治療自体は施設の規模がとても大きく、年間の維持費が何億単位でかかるため、投資した金額回収するためにも、病院側は無理してでも患者に治療を進めてきます。

全国で「陽子線」「重粒子線」の治療ができる施設は限られているため(私の住む新潟県には治療施設がありません)、「治療を受けれるためには何か月か待たないといけないのでは?」と思っていましたが、治療はすぐ受診できます

以下の記事で陽子線治療が開始するまでの流れを書いています。
関連:体を切らずにがん治療ができる重粒子線・陽子線治療の効果と受診までの流れ

医師は治療を受けさせるために積極的にすすめてきます。


陽子線治療をするかどうか決める際に、医師から説明を受けていて思いましたが、とてもうまい言い回しをしてくると感じました。

医師「陽子線治療にチャレンジしてみる価値はあると思います。

この言い方、私はすごく引っ掛かりました。

それは、治療したことで何かあっても病院側に非はなく、あくまでも治療を受けることを決めたのは患者側となるように、うまく説明してきているからです。

医者側は慎重に言葉を選びながら暗に治療を進めてきます。こちらは藁をもすがる気持ちなため、治療する選択肢しかありません。

陽子線治療センターの医師からの言い回しが気になるわけ


いままで経験した医者であれば、ガンを含めて治療については医師が「こうしたほうが良い」等、治療方針を言い切ってもらえました

陽子線治療センターの医師が言い回しを気を付けるのは、以下の理由が考えられます。

陽子線治療の場合には先進医療となるため300万円近い治療費がかかります。

また、重粒子線、陽子線治療は全国で始まったのは15年前からとなりますが、粒子線治療の有効性がいまだに明確になっていないため、いまだに先進医療の枠組みのままで継続されている治療です。

いわば、健康保険適用となっている標準の治療方法から見れば、先進医療は優位性が不明な格下の治療法でもあります。

高い治療費を払ったなりの期待が持てる治療ではなく、あとあとの患者とのトラブルが怖いため、このような微妙な表現をしているのだと思います。

ただ、さすがは百戦錬磨の医師でした。言い回しが言葉を選んでおり本当に絶妙に感じました。

陽子線治療は魔法でも治りやすい治療方法でもありません。


私の母親は、陽子線治療を開始して3日目に副作用なのか体調を崩し、そのまま治療を継続することができなくなりました。

「チャレンジしてみる価値がある」とは言われていましたが、やはり無理がありました。

医師からも「体調が戻ったらまた治療をする」「もし、このまま治療ができないなら一部返金も考えます」とお話がありました。

その後、回復しなかったので返金できると言われていたので相談しましたが、「言った覚えがない」との医師からの回答と事務員から回答がきました。

結果論なので何とも言えませんが、結果的には南東北ガン陽子線治療センターは非常に残念な病院でした

陽子線治療は300万円もする高額な治療です。高額なことから心理的に効果が高く回復が見込めるように錯覚してしまいます。先進医療という名前もさらに効果の期待が助長されます。

これは大きな間違いです。現実は効果が優位性が認められず、各病院では患者にローンを利子をつける商品に発展しています。

当然、ガンの部位によっては体に負担がなく治療を行える可能性があるので、慎重にいろいろな医師の意見を聞いて決定すべきと思います。

先進医療を受けるのであれば、がん保険の「先進医療特約」に加入し、お金を気にすることなく治療に専念したいと思いました。
【絶対必要】がん保険の先進医療特約は必要です。最先端のガン治療が受けれます。

陽子線治療は治療が始まると何度でも治療をすることができます。


陽子線治療は、完治するまで何度でも治療することができ、最初の治療費うぃ全額支払うだけで全ての治療をまかなうことができます。

陽子線治療については最初に300万円近い金額を支払います。基本的には陽子線治療を行う回数分が治療費に全て含まれており、完治するまでは陽子線の照射回数が増えたとしても、追加で治療費は発生しません。

ただし、治療については途中であっても解約ができないことが注意です。

スポンサードリンク