私が中学生のときから悩まされていた目の病気「飛蚊症」。私は今40代なので、かれこれ30年は付き合ったいる病気です。

最近になって病院で手術や治療をしたわけでもなく、完全に飛蚊症の症状を軽減することができました

「飛蚊症」になると、目の前に白い糸や黒い点(病気の名前のように蚊のような)浮遊物が映って、目線を変えてもいつまでも浮遊物がついてきます。

私の場合、高校受験や大学受験のときに勉強しても気になって気になって集中できず本気で悩みました。今までのテレビやパソコンに加えて、スマホ中心になったことで、ますます目を酷使されています。目が疲れてくると私の場合、飛蚊症もひどくなってきます。

昔は飛蚊症は高齢者の人が多くなる病気でしたが、最近では若い世代にも多くみられる病気となりました。

飛蚊症の原因は色々とあります。


飛蚊症の症状にもいろいろあります。飛蚊症は重大な目の病気の可能性もあるため自己判断せず、まずは医者に行って診断をしましょう。場合によっては網膜剥離等の大きな病気の前兆であることもあります。

飛蚊症の原因には大きく分けて以下のように2つのタイプがあります。

  • 生理的飛蚊症
  • 病気が原因の飛蚊症

原因1:生理的飛蚊症とは何か?

生理的な飛蚊症の場合には加齢だったり紫外線が眼球の硝子体に活性酸素が発生し、たんぱく質が酸化して硝子体が濁ることで、不純物として見える症状です。

生理的な飛蚊症は、栄養障害だったり、ストレスも影響していると言われます。医者に診断されても薬も処置もされません。

医者に診察しても、この場合の治療方法は「気にしないこと」でしか解決できません。

原因2:病気が原因の飛蚊症とは何か?

もう1つの「病気が原因」とされる飛蚊症の場合には、網膜剥離や網膜裂孔のような失明の危険がある病気の前兆である可能性もあるため、早めに医者に行く必要があります。

このように重い病気の可能性もあるため、必ず医者の診断をもらいましょう。

飛蚊症の改善にはレーザー治療ができるようになりました。

私は飛蚊症になり、目の前にゴミのようなものが見えて気になって気になって仕方なくなりました。

飛蚊症になり精神科に通う人もいるくらい、飛蚊症は精神的なストレスになる場合が多くあります。

最近では日本でもレーザーによる飛蚊症の手術することができるようになりました。片目で10万円以上かかる上に東京を含めた大都市でしか手術できないことや、細かく砕くだけで根本解決ではありません。

飛蚊症の基を細かく砕いても再度結合し再発するため、何度も通う必要があります。人によっては全然改善されない、何度も手術するため効果が少ない人も多いのが特徴です。

私が飛蚊症改善するために行ったことを教えます。

私が行った飛蚊症を改善することができた方法について紹介したいと思います。

私の場合には最近、ある方法により確実に改善されてきて飛蚊症が軽減されています。それでも、真っ白い壁で無理やり目を細めて見ようと思えば、浮遊物が見れますが、日常生活では分からない程度になりました。

最近、スマホを使う若者が若くして老眼になる傾向にあるそうです。目を酷使すると特に飛蚊症の症状があらわれてくるとも言われています。

週刊雑誌を読んでいたらクラシック(特にモーツアルト)を聴くことで人により改善する人もいるそうです。ストレスが原因だったということでしょうか。何が人に作用するか分からないものです。

飛蚊症については、栄養や仕事のストレスだったり原因はさまざまなので、私が行ったことが他の人に同じように改善されるかは分かりませんが、一つの方法として試してみる価値があります。

効果なし:私の場合に効果がなかったブルーベリー


私は、4年くらいブルーベリーのサプリメントを飲み続けています。

ブルーベリーといえば目にいい食べ物で有名。特に北欧産のビルベリーと呼ばれるブルーベリーは目に良いとされています。

ブルーベリーで目が疲れにくくなった実感はありますが、私の場合には4年もブルーベリーを飲んでも飛蚊症は全く改善されませんでした。本やネットではルテインが飛蚊症に良いとされていましたが、効果はありませんでした。

効果あり:私の場合に飛蚊症が改善されて効果があった2つのこと


それでは、飛蚊症が改善された私が行った2つのことを書きたいと思います。

これらは簡単なことなので個人差はありますが、是非、試してみてほしい改善方法です。

  • 改善法1:ニンニクを毎日食べる
  • 改善法2:毎日お風呂で目を温める

方法は2つ共通しています。目の血行を良くすることで、飛蚊症の症状が軽減されます。

これは週刊ポストにも載っていました。週刊ポストによると飛蚊症改善には以下の方法がいいと書いてあります。

眼精疲労は目を温めることで改善されます。血流が促進されて疲労物質を軽減することで酸化物質が除去される。20代の男性10人に42℃のシャワーすることで平均0.3視力が上がった。あわせて飛蚊症の改善にもつながる
※週刊ポストより

改善方法1:ニンニクを食べる

以前にも記事でご紹介しましたが、ニンニクは目の疲れにとてもよく、血液の流れもよくなります。

【疲れ目に効果最強】最強の「にんにくしじみ」飲み始めてあまりの効果に驚きの毎日

2016/03/31

私の場合、ニンニクの匂いを気にしないで毎日食べれるヤズヤの「にんにくしじみ」を試してみました。目の疲れどころか、朝の目覚めを含めて全然体調が違います。

ここで紹介するニンニクシジミは目に非常によく効きます

改善方法2:お風呂でタオルを使って目をあたためる


目を温める方法はいろいろとあります。電子レンジでタオルを温めて目の周りを温めてます。
でも、最初は熱いしすぐに冷めてしまいます。

私はお風呂の中で電気を消してリラックスし、タオルをあたためて何度も目の周りを温めています。

これら2つの方法で飛蚊症が短期間で解消しました。完全に解消された訳ではありませんが、以前の飛蚊症の症状が思い出せないほど快適です。

ホットマスクで目を温める(私はこれを毎晩寝るときにしています)

目を温めることで血行を良くすることは、改善方法としては最有力です。

タオルで温めるよりも手軽に目を温めることができるホットマスクを私は最近では使いはじめました。AmazonでNo1売上を記録したBaiyea USBホットアイマスク ホット アイ&ネックウォーマーが、おすすめです。