最近、毎月分配型の投資信託の分配金が減り続く。リスクが高く投資先としてどうなのか?

毎月分配型の投資信託は相変わらず人気があります。平成25年の最盛期では全投資信託の7割を毎月分配型が占めていました。

日本人は毎月分配型の投資信託が大好きなんです。専門家や雑誌では毎月分配型の投資信託はほぼ酷評ですが、毎月分配金が小遣い感覚でもらえることの安心感があり大人気です

毎月分配型の投資信託は以下の特徴をもっています。

  • 毎月分配型の投資信託は毎月決算が行われ、収益の一部を毎月分配金という形で分配されます。
  • 毎月分配金の分配金は利息や配当とは異なり、投資した純資産から支払われます。

関連:専門家に全否定される毎月分配型の投資信託を私は絶対おすすめしたい理由

//スポンサードリンク

私は毎月分配型の投資信託に預けて毎月分配金をもらっています

s_image408
私も毎月分配型の投資信託を150万円位もっています

私は分配金があるおかげで、私は毎月3万円近いお金を分配金という形で受け取っているため、家庭では何年も給与からお小遣いをもらっていません。

毎月の収入となっている分配金3万円は「昼食代」や「会社までの交通費」「飲み会代」ですべて使い切っています。

毎月分配型と小遣いをもらっていないことは、以前にも何回か記事にしてきました。
関連:毎月の余剰金は毎月分配型の投資信託へ。お金に働いてもらって小遣いもらってません
関連:毎月の余剰金は毎月分配型の投資信託へ。お金に働いてもらって小遣いもらってません

投資信託をはじめるのは非常に簡単です

毎月分配型の投資信託は証券口座を開き、好みの投資信託を選ぶだけで購入ができます。非常に簡単です。

毎月分配金の場合には毎月証券口座に分配金が入金され銀行で簡単に出金することができます。初めての人は投資信託というと敷居が高そうに思うかもしれませんが、非常に簡単です。

毎月分配金の分配金額が多く減っています。これからの投資先としてどうなのか?

s_image409
毎月分配型の投資信託の分配金の減額がここ最近続いています。毎月の分配金が減るだけでなく、資産価値(基準価格)も大きく減っています。特にブラジルのレアル関連は非常に成績が悪く今後も危険です。※平成28年7月現在

日本人が好きな毎月分配型の投資信託。毎月の分配金が減って、基準価格も減る。投資信託の運用会社の成績がとても良くないようです。

毎月分配型のような海外の投資信託の場合には、為替や株価の影響を大きく受けます。最近の世界的な株安や円高の影響を大きく受けています。この影響で失敗すると極端に言えば以下のようなことになります。

毎月分配型で100万円預けて、毎月1万円貰えるようになったとしても、預けた100万円の資産価値が60万円くらいまで減り、毎月もらっている分配金はただ預けた資産から出ているだけの状態になります。

私の毎月分配金に預けた運用の結果は?

s_image379
私の場合は毎月分配型の投資信託に4年近く預けていて、いままで毎月3万円近く分配金を受け取っています

したがって4年で180万近く分配金を貰えたことになります。このお金があるからサラリーマンの私は家で小遣いを貰わずに生活できています。

私の場合、150万円預けた投資信託が利益180万円なため毎年15パーセント近い利回りです。

最近の世の中は、マイナス金利により普通預金の場合は100万円預けても、一年で10円程度の利息です。分配金は圧倒的な利回りがあります。

投資信託で利回り10%以上できているのは私の才能や投資方法が良かったのか?

私は毎月分配型の投資信託で高い利回りの収入を得ることに成功しています。それは才能があったからではなく、単純に始めた時期が良かっただけです。

為替も株も投資信託もアベノミクス直前で始めた人は買いから入っていれば、みんなプラスになります。逆に平成26年以降に始めた人は、トータルマイナスです。

タイミングが非常に重要なのです。

タイミングによるリスクを減らすために私は以下の方法を以前の記事で紹介しています。
関連:資産が2倍に増えたドルコスト平均法を少し攻撃的にした私の投資方法

これから毎月分配型の投資信託が向いていない人

毎月分配型は、投資としては非常に効率の悪い投資です。雑誌や専門家が毎月分配型の投資信託を全否定するのも分かります。

毎月分配型をおススメできない理由には以下のことからです。

  • 投資信託は複利効果により最大の投資を発揮するが複利効果が全くない
  • 毎月分配される分配金に毎回税金がかかるため効率が悪い

私も毎月分配型の投資については、老後の資金だったり子供の教育資金だったり、将来まとまった資産を運用するためには全く向いてない投資だと思います。

今買うと、毎月の分配金はもらえるが資産価値(基準価格)が下がり、トータルで結局はマイナスになる可能性があります。

買うのであれば、毎月分配型でも投資先は選択肢が100種類以上あるため、投資先は分散しましょう。

私もこの分散によりブラジルレアルを中心とした投資分野は資産がマイナスとなっていますが、ほかの投資先ではプラスとなっているためトータルでプラスです。

これから毎月分配型の投資信託が向いていない人

毎月分配型の投資信託に投資すると毎月お小遣いがもらえるような感覚で投資ができます。

私は毎月の給与やボーナスで投資するのは資産の投資先としては向いてないと思います。それは、資産が半分になるかもしれないし、2倍になるかもしれない危険な投資となるからです

私はもともとヘソクリでお小遣いで余ったお金や、浮いた出張費で投資を始めたので、なくなったら悔しいのは悔しいですが、下がろうが上がろうがずっと使わないお金で投資しています。

余剰金での運用であれば非常に適しており、少額から投資はできるため毎月コツコツ投資するのであれば大変オススメです。

スポンサードリンク