4月から始まる電力自由化。電気代は安くなるが不正請求や詐欺行為に注意!

s_image345

電力の自由化がいよいよ平成28年4月から始まります。

いままでは、自分の住む場所ごとに決まった電力会社しかできなかった電力の契約が「電力小売りの全面自由化」になることで、好きな電力業者を選ぶことができるようになります。

ガス会社やガソリンやコンビニや通信会社から旅行会社まで、今後はこれらの電力会社と契約をすることができます。

これらの会社間の競争が現在も継続して激化しており、電力会社を変えることで、一般家庭の電気代は5%~10%は安くなると言われています。

//スポンサードリンク

電力自由化で電力会社の選び方

あまりに多くの業者が乱立しているため、どの業者を選択すればいいか迷うところ。後発ででてくるサービス会社が今も更に割引額を増額しているため変更のタイミングも難しい。私はあわてる必要もないため、しばらくは現在の電力会社を継続します。

住まいの地域により選べる電力会社の選択肢が変わるため、比較サイトを利用して調べるのが一番有効です。毎月の電力量も関係するため、あわせて確認し電力比較サイトで一番電気代が安い電力会社を選べばいいです。

電力会社を選択するためには価格コムを利用するといいと思います。
[browser-shot width=”600″ url=”http://kakaku.com/energy/”]

私の住む新潟は、ほとんど選択肢がありません。

好きな電力会社を選べるようになるリスク

s_image348

電気代のコストがあまりに安くなることで、重要な生活の中の電気に影響するのか不安もあると思います。

電気については、同じ場所に集められてから個人の家庭に送電されるため、今までと契約する会社が異なるだけで根本的な仕組みは変わりません。従って、停電のリスクや安いことにより電気が暗いといったことはないため安心です。

注意しないといけない設置代の不正請求

電力自由化にともなって、電力会社を変えることで各種設置や手続きの費用は基本的に一切かかりません

電力自由化でにともない家庭に自動検針を行う「スマートメーター」が設置されますが、設置費用は一切かかりません。スマートメーターは優先的に新電力会社へ変更した人から変更していきますが、2024年までに全世帯が交換予定とされています。

特に悪い業者は、設置料金がかかると言ってきますが、それは詐欺になるので注意が必要です。基本、工事も含めて料金はかからないと覚えておきましょう。

もう1つ注意したいのは長期契約の解約金

2年契約プランであったりセットプランについては、契約満了前に解約すると違約金が発生する場合があります。スマホのセット割りと同じですね。

例えば、CATVのセット利用が前提のジュピターテレコムは解約することで、最大2万1,600円が発生します。基本的に引っ越しの場合以外には、違約金がかかる場合があるためセット契約や2年縛りの契約の場合は十分把握しておく必要があります。

電力自由化に伴いクーリングオフの制度も適用になる予定なため、申込日から8日以内であれば無償でクーリングオフが認められます。

スポンサードリンク