日銀マイナス金利が発動し金利が大幅に低下。住宅ローンの借り換えチャンスですよ。

s_image322

2016年1月29日に黒田日銀総裁より「マイナス金利」が発表されました。黒田バズーカ第3弾と言われ、市場の意表をついたことから日経平均が急騰しました。

黒田総裁の物価上昇、株価上昇への意気込みが伝わってきます。しかし、今年は経済は北朝鮮の核実験、チャイナショックからの株価大幅続落、社会ではSMAP解散報道、ベッキーさん卒論LINE、沖縄に雪、清原容疑者麻薬で逮捕。

激しすぎる2016年。こんな激しい年は新たに投資するならポートフォリオが絶対ですね。

マイナス金利による効果

マイナス金利になると以下のことが予想されます

  • 銀行の定期金利の低下
  • 住宅ローンの低下(長期国債の低下)
  • 円安により輸出企業が潤って株価上昇
  • 円安により輸入品が高くなる

一般的には上記のことが考えられます。一般家庭でいえば、銀行に預けている定期預金の利息が減る、輸入品(食料品)が高くなるなどデメリットが多くなります

毎日納豆を食べて、自称納豆博士と呼ばれるレベルになった私が危惧するのは、当然輸入品の大豆の値段上昇で納豆の価格がまた上がることです。この2年で納豆の価格の上昇が、毎日納豆を買っていると実感できる上昇です。

セオリーどおりにはいかないのが、今の経済

マイナス金利実施で普通に考えれば、円安株高になります。ただ、セオリー通りにいかないのが今の経済。

私がFXはじめた頃だったら、雑誌やネットの内容を鵜呑みにしてドルを大量購入してたかもしれません。

ゼロ金利の発表から1週間しか経っていないので、分かりませんが思惑と異なり円高株安になっています。アメリカ経済の発表される指標が悪いのも起因しているのだと思います。

目次

マイナス金利が発動されてからの動き

s_image302

マイナス金利が発表されてから大きな動きがありました。以下、発表されてから1週間の動きです。

  • 投資信託MMFの新規募集停止
  • 預金金利の引き下げ
  • 住宅ローンの引き下げ

MMFの新規募集が停止となりました。ほぼ元本保障で普通預金も金利が高めで一時期は人気のあったMMFが募集停止です。国債中心のMMFは銀行も運用ができないのでしょうね。マイナス金利ですし。

銀行の定期金利が引き下げ

銀行の預金金利も引き下げが発表されました。

インターネットのソニー銀行は普通預金の金利を0.001%に引き下げました。100万円を1年間預けても10円しか利息がつきません。ネット銀子のほうが金利が高いなんて言われますが、この程度です。私からすれば店頭もネットも大差がありません

一般家庭にはうれしい住宅ローンの引き下げ

住宅ローンの引き下げも公表されました。10年固定の金利で0.79、3年固定で0.38、変動金利なら0.57です。異常な金利の低さです。あわせて、車のローンや教育ローンもあわせて当然引き下げられます。

これからマイホームや車を購入しローンを組む予定の人には、うれしい引き下げです。住宅ローン借り換えするなら以下の条件を満たすと得になるケースが多いと言われています。

  • 残高1,000万円以上
  • 残存期間10年以上
  • 金利差1%以上

これは、あくまで目安であって実態は違います。

保証料の経費を考えても10年固定以下の人であれば、借り換えるメリットが高いと思います。この水準であれば借入額が低ければ変動金利を選択したり、怖いなら固定と変動のミックスで住宅ローン大幅に減らせそうです。

この千載一遇のチャンス。私も10年固定の住宅ローンですが、2度目の借り換えをする準備を始めます。

目次