先日、元日本生命の部長とお会いすることがあり、いろいろと保険について勉強させていただきました。
関連:【重要】元日本生命の部長に聞いた驚きの大手生命保険会社の保険には入るなという警告。

そのときに元日本生命の部長からいただいたアドバイスの1つに「今現在加入しいる保険がリビングニーズ特約に加入しているか確認したほうがいい。」

リビングニーズ特約とは、医師から余命6カ月の宣告を受けた場合に、契約している死亡保険金の全額または一部を生前に受け取れるというものです

以下、リビングニーズ特約の詳しい説明です。

リビングニーズ特約とは、余命6か月以内と判断された場合に、本来は亡くなったときに支払われる死亡保険金の一部または全部を生前に受け取ることができる特約です。

この特約によって生前に受け取った給付金は、医療費のほかにも自由に使うことができるため、余命宣告という事態においてとても心強い特約といえます。
引用:価格ドットコムより

//スポンサードリンク

リビングニーズ特約は最近流行りの終活のため?

s_image291

最近「終活」という言葉を良く耳にします

終活とは「人生の終わりをより良いものとするため、死ぬ前に事前に準備を行うこと」です。

ただ私は、亡くなる前に死亡の保険金をもらって、パーッとお金を使うために、リビングニーズ特約のアドバイスをもらったわけではありません。

それでも、亡くなる前に思い残すことがないように好きなことをするために、お金を事前に受け取ったり、治療費に当てたりすることができます。

それも、いいかもしれませんが、リビングニーズ特約をうまく使うことは、残された家族がお金の扱いに困らなくて済んで、また節税効果もあります

リビングニーズ特約の特徴


リビングニーズ特約には以下の特徴があります。

各保険会社、無料で付けることができるので、つけておいて損はない特約です。

  • 各保険会社で「リビングニーズ特約」は無料で加入できる
  • 余命6か月以内と判断されるとき、死亡保険金の全部または一部を前払請求できる
  • 生前に受け取る場合には給付扱いとなるため非課税
  • 途中から無料でリビングニーズ特約を付加できます
  • 事前に受け取れる最高金額は3,000万円

余命宣告を受けて「リビングニーズ特約」で保険金をもらったあとに、病状が回復した場合には保険金を返す必要がありません。高額な治療に充てて病気が回復することも考えられますね。

リビングニーズ特約で一番大きいのは税金の節税効果があること


リビングニーズ特約をおすすめしたい理由が1つあります。

リビングニーズ特約を使って死亡保証金の全額・一部を前払いした場合には給付金の扱いとなり、すべて非課税となります。

ただし、現金で受け取ったあとに、そのまま使わずに現金が残った場合には残った分に対して相続税が発生します。

亡くなったあとの死亡保険金は相続税がかかります

死亡時に相続人が死亡保険金として受け取った場合は生命保険の非課税枠があります。非課税となるのは相続人の数×500万円までが非課税枠となります。

・仮に嫁と子供2人がいて、死亡の保険金が3,000万円受け取りの場合には
3,000万 – (500万*3) = 1,500万円に対して税金(相続税か所得税か贈与税のいずれか)が発生します。

ここでリビングニーズ特約で事前に1,500万を受け取った場合には、死亡したときに税金がかかりません。ただし、前払いした金額が残った場合には残った金額に税金がかかります。

契約者、被保険者、受取人が誰かにより税金が異なります

今回は細かくは記述しませんが、契約者、被保険者、受取人が誰なのか組み合わせにより「所得税・住民税」「贈与税」「相続税」のいずれかが発生します
参考:保険金などを受け取ったときの税金は?

仮に所得税で受け取った場合には一時所得扱いとなり、所得税、住民税が金額課税されます。住民税が上がると、介護保険、国民健康保険含めて軒並み税金が上がるため注意が必要です。

リビングニーズ特約に加入していれば、一部受け取りをしておいて税金かかると分かっている分は海外旅行で亡くなる前に使ってしまうといった選択肢もできます。

元日本生命の部長が言われているのは、とにかく、リビングニーズ特約は無料なので特約がついているか確認したほうがいいとのこと。

リビングニーズ特約は以下の点に注意しましょう


元日本生命の部長曰く、以下のようなケースで、通常はついてると思われている「リビングニーズ特約」がついていない場合があるそうです。

  • 昔の生命保険(15年前以前)
  • 保険の販売員が事務手続きで特約をつけるのを忘れた

リビング特約は2000年前後から開始された特約なため、それ以前の生命保険の契約にはついていない可能性が高いです。

またリビングニーズ特約は無料で付けれるがために、販売保険員も大して注意をしないため、付け忘れのケースもあるそうです。

元日本生命の部長の話では、先日、ご老人夫婦の生命保険にリビングニーズ特約ついてなかったそうです。その際には、亡くなったあとに多額の税金がかかったそうで、給付金にして一部使えばよかった場合もあったとのことでした。

スポンサードリンク