私の記事の中でも頻繁に食品の値上げに関する記事を多く載せていますが、関心が高くアクセスが多くあります。

円安の影響でとにかく商品や食品の値上げラッシュが続きます。

関連:2015年7月以降値上げされる商品のニュースがあまりに多すぎる

食品がとにかく安くて有名な業務スーパーって行ったことありますか?

私の住む新潟にも何店舗かあり、大きく「業務スーパー」って書いてあるので、業者専用のスーパーと思って入店したことがありませんでした。

「業務用スーパー」は全国で700店舗ある有名なスーパー

gyom2
「業務スーパー」はここ4~5年で急速に店舗が増え、平成27年4月には全国で700店舗ほど展開している知名度の高いスーパーです。

「業務スーパー」は兵庫県に本社がある神戸物産という会社が運営しています。

「業務スーパー」の名のとおり、飲食業の業者さんがたくさんの量の食材を安く仕入れることができるスーパーです。

週刊雑誌の「週プレ」の記者が平成27年7月20日号で「業務スーパーで食費1か月5,000円で生活をやってみた」という衝撃的な記事があったのをきっかけに急に興味がわきました。

早速「業務スーパー」に行ってみたので、行った感想を記事にします。

業務用スーパーに行ってみた。商品が確かに安い!

gyom4

店内に入ってみると確かに、段ボールで商品が積み上げられていて、そのまま売られています。

見たこと聞いたことない怪しいメーカーだったり、大手の食品メーカーだったり色々な商品が所狭しと並べられています。

その1、業務スーパーは冷凍食品がとにかく多い

gyom3

たしかに、一つ一つの商品をよく見てみると安くて量がすごい

冷凍食品の類がかなり多く、焼いたり、レンジでチンするだけのような簡単に調理できるものも多く、一人暮らしの買い置きなんかに良さそうな商品が多くあります。

冷凍食品であれば腐る心配もないし、自宅の冷蔵庫の容量さえ大きければ、おススメかもしれません。

その2、野菜が多く安く売られてます

野菜が多く安く売られています。

とにかく普通のスーパーで売られている野菜よりも一回り大きい。2Lや3Lと表記された野菜が多く、大きさの割にかなり安いと思います。

この安さは、近くの農家から直接安く買い取って、途中に発生するマージンをカットしているようです。

「業務スーパー」は店員さんが少なかったり現金でのみ支払だったり、全体的に徹底的に経費を削減している様子が分かります。

食費1か月5,000円の記者も書いていた最大の問題は味です

コストコのようなイメージで「業務スーパー」に行きましたが、同じように大容量の商品が割安で買えるところは同じですが決定的に違うのは食品に外れがあります。

ネットで見ても口コミで評価が高い商品もあれば、評価の低い商品もあるのが特徴です。

食費1か月5,000円で生活した記者も5,000円だけで上手に乗り切っていたので、やれないことはないが味が期待以下のものが多いと書いてありました。

業務スーパーで試しに買って食べてみました

私は安さと美味しそうという思いで「合鴨ロース」買ってみましたが、中国が原産だからかインチキくさい味でとっても体に悪そうな印象でした。

ただ、米が5kgで980円だったり、うどんが5玉で120円だったり圧倒的に安くておススメ商品もあります。
情報集めて決められた商品だけ買う分には「業務スーパー」で買えば食費がかなり安くすみそうですね。