亡くなったときに国民健康保険から支給される「葬祭費」

s_image122国民健康保険加入者が死亡すると「葬祭費」が支給されます。申請手続きは、実際に葬儀を行った人(喪主)が、葬儀の日から2年以内に行います。

申請先は故人の住所地の市町村役場の国民健康保険課で、備え付けの「国民健康保険葬祭費支給申請書」に必要事項記入の上提出します。支給される金額は、市町村により異なりますが3万円~7万円位です。また、市町村によっては他の名目で補助金が出る場合があるので、事前に確認されるのが良いでしょう。

◆必要な書類
  • 国民健康保険葬祭費支給申請書
  • 国民健康保険証
  • 印鑑

以下は市町村により異なります

  • 葬儀費用の領収書
  • 死亡診断書

※振込先口座番号も控えていく

目次